小山卓治 | BIOGRAPHY
.BIRTHDAY / 09.16.1957  BIRTHPLACE / KUMAMOTO  BLOOD TYPE / B
1983 03.21、CBS SONY(現SONY RECORDS)よりデビュー。
それまで日本にはなかったストーリーテリングの手法を使った作品が、各方面より注目される。
アルバム《NG!》を発表。
  SINGLE〈FILM GIRL〉(03.21)〈カーニバル〉(06.22)〈傷だらけの天使〉(12.21)
ALBUM  1st《NG!》(06.22)
LIVE   「Tour NG! LIVE」他、多数のイベントに参加

1984 アルバム《ひまわり》を発表。音楽性のみならず、歌詞の創作性の高さに注目が集まる。
ライブの拠点を渋谷LIVE INNに定め、失神者が出るなど当時としては前代未聞の激しいライブを展開。
  SINGLE〈DOWN〉(05.21)
ALBUM  2nd《ひまわり》(07.21)
LIVE 「Tour On The Move '84」「小山卓治 VS. The Conx」他、多数のイベントに参加
雑誌連載 「I'm Walkin' Down The Street 」(アリーナ37℃にて3年間)

1985 初のセルフプロデュースアルバム《Passing》を発表。
パーソナルバンドDADを結成し、渋谷LIVE INNでのパフォーマンスはさらに加速。
その客層の多くが男性で、「大人のロック」と評される。
  ALBUM  3rd《Passing》(06.21)
12inch SINGLE 《微熱夜 / Show Time》(10.21)
LIVE 「Tour Passing LIVE」「Tour Live '85」他、学園祭に多数出演

1986 デビュー4年目を迎え、原点を見直し新たなパワーを蓄えるべく、「Go To Zero Tour」をスタート。
ツアーファイナルでは、発表したすべての作品を歌い切る4時間にもおよぶライブを決行。
  SINGLE 〈Blind Love〉(05.21)
ALBUM  4th《The Fool》(05.21)
12inch SINGLE 《IMAGINARY BLUE / HOLY LAND -聖地》(11.21)
LIVE 「Tour On The Move '86」「Go To Zero Tour」
RADIO DJ 「ミスター・ジョーカーを探して」(東海ラジオ 5月より半年間)

1987 渋谷公会堂公演をライヴレコーディングし、《On The Move》を発表。
続けてアルバム《VANISHING POINT》を発表。活動は音楽のみにとどまらず、初のエッセイ集を刊行。
  ALBUM  Live《On The Move》(05.21) 5th《VANISHING POINT》(11.21)
LIVE   「Tour On The Move '87」
BOOK 「微熱夜 '87」(白夜書房 6月発刊)
雑誌連載 「ミスター・ジョーカーを探して」(アリーナ37℃にて1年半)

1988 前年発表したアルバム《VANISHING POINT》と対峙するように、自らのバニシングポイントを探すために車で全国を縦断。
その模様を「微熱夜 '87」の続編エッセイ「微熱夜 '88 イエロー・センター・ライン」として刊行。
  LIVE 「Tour '88 Meeting Across」
BOOK 「微熱夜 '88 イエロー・センター・ライン」(自由国民社 6月発刊)

1989 アルバム《夢の島》を発表。当時社会問題にもなったバイクでのカーブ攻めを題材にした〈Gallery〉など、“個”を歌い続けるスタンスが注目される。
  ALBUM  6th《夢の島》(03.21)
LIVE 「東京 Factory 4days」「大阪 Muse Hall 3days」「TOKYO ACOUSTIC NITE Vol.1」

1990 SONY RECORDSとの契約を凍結。所属事務所である「りぼん」より、89年に千葉でおきた中国残留孤児二世の事件を歌った〈YELLOW WASP〉を発表。インディペンデントにもかかわらず、1000本を即完売。新聞やニュースなど社会面を中心に注目される。カメラマンとのコラボレーションによるフォト&エッセイ「Duet」を刊行。
  CASSET 〈YELLOW WASP〉(03.31)
LIVE 「TOUR '90 ACOUSTIC NIGHT」「NAGOYA ACOUSTIC NITE 」
    「OSAKA ACOUSTIC NITE」
PHOTO & ESSAY 「Duet」(03.31 発刊)

1991 異例のSONY RECORDSとの再契約。アルバム《成長》を発表。
初の短編小説集「Shape of Love 愛というかたち」を刊行し、表現スタンスを広げる。
  SINGLE 〈欲望〉(08.23)
ALBUM  7th《成長》(10.25)
LIVE 「ペテン師と革命家」「Tour On The Move '91」
BOOK 「Shape of Love 愛というかたち」(大栄出版 12月発刊)

1992 アルバム《花を育てたことがあるかい》を発表。渋谷公会堂からツアーをスタート。
バンドスタイルのライブとアコースティックスタイルのライブを平行して展開。新たな活動スタイルを確立。
  SINGLE 〈さよなら恋人〉(10.21)
ALBUM  8th《花を育てたことがあるかい》(11.21)
LIVE  「Tour On The Move '92」「Tour On The Move '92 Acoustic」
     「Street Acoustic Meeting Vol.1~Vol.3」

1993 デビュー10thアニーバーサリーライブを、りぼん(所属プロダクション)のアーティスト参加によって行う。
音楽を共に作り上げることのできるパーソナルバンドのオーディションを開始。
  LIVE 「Tour On The Move '93」「Tour On The Move '93 Acoustic」「Locus Aniversary」

1994 半年をかけた入念なオーディションにより、BACCHUSを結成。アルバムのレコーディングに入る。
同メンバーにてツアーを開始。
  LIVE 「Tour On The Move '94 ROCKS!」

1995 アルバム《ROCKS!》を発表。それに合わせて熱狂的なライブを展開。また、薬害でエイズに感染した青年に依頼され〈美しい沈黙〉を作曲。90年に発表した〈YELLOW WASP〉に続き、テレビ・ラジオ・新聞といった社会的視点での取材依頼が殺到。
  SINGLE 〈壊すなら一秒〉(02.22)
ALBUM  9th《ROCKS!》(02.22)
LIVE   「Tour On The Move '95 ROCKS!」「On The Move '95 ROCKS! FINAL」

1996 パーソナルバンドBACCHUSより、島山信和(Guitar)、スティング宮本(Bass)を起用し、トリオ編成にて新曲をできたままの形で発表するライブを展開。
  LIVE 「Walk This Way」「Moon Dog Night」「This Side Of Paradise」

1997 前年のライブの集大成として、東京・大阪・名古屋にてライブを行う。
「TOKYO ACOUSTIC NITE」を始めとしたイベントに多数出演。
  LIVE 「Solitude Of The Long Distance Runnner Tour」「TOKYO ACOUSTIC NITE vol.31」「TOKYO ACOUSTIC NITE vol.32」「West Beat Circuit vol.3」 「Re-Born」「Shibuya Jamboree vol.3」

1998 2月、単身渡英。生活の場をロンドンのフラットに移し、制作活動を行う。
  LIVE 「TOKYO ACOUSTIC NITE FINAL」「光のオルガン」

1999 初の長編小説「明日なき暴走」を刊行。それに合わせ名古屋・大阪・東京にてツアーを敢行し、前売り券が完売になるなど、熱い支持を受ける。ホームページ「RED & BLACK」を自ら制作しオープン。
  LIVE  「Running Gypsy Tour」「ROOTS」
BOOK 「明日なき暴走」(KSS出版 4月発刊)

2000 事務所内レーベル「わがままレコード」よりマキシシングル《手首》を発売。中野督夫(Guitar)[ センチメンタル・シティ・ロマンス ]、スティング宮本(Bass)と共に、独自のスタイルでのライヴを開始。同時に、小山卓治のギターとピアノのみで、たった1人の全国ツアーを敢行。
  MAXI SINGLE 《手首》(08.25)
LIVE 「RED&BLACK」「LOOKING FOR SOULMATES Tour Chapter1~16」
    「ROOTS Vol.2」「東京百歌」

2001 「わがままレコード」より《YELLOW WASP》、初のコンセプトベストアルバム《stories》を発表。
アコースティックとバンドでのツアーを展開。
ホームページ「RED & BLACK」をリニューアルし、本格的に始動。
  MAXI SINGLE 《YELLOW WASP》(02.23)
BEST ALBUM 《stories》(09.07)
LIVE 「LOOKING FOR SOULMATES Tour FINAL,EPILOGE」
    「MANY RIVERS TO CROSS scene1~scene16」

2002 22ページにおよぶ詩小説、そのサウンドトラック、さらに様々なジャンルのアーティストとコラボレーションしたセルフカバーを収録した《Operetta Of Ghosts Part1》《Operetta Of Ghosts Part2》を発表。
前年に引き続き、ツアーを展開。
  LIMITED EDITION CD 《Operetta Of Ghosts Part1》(09.06)
             《Operetta Of Ghosts Part2》(11.27)
LIVE 「MANY RIVERS TO CROSS scene17~scene21,FINAL」
    「TOKYO ACOUSTIC NITE 2002“EARLY SUMMER TOUR”」

2003 デビュー20周年を迎え、03.21にミュージシャンやファンを招いてパーティーを開催。
《Operetta Of Ghosts Part3》、自らのレーベルとして設立した「Blaze」よりアルバム《種》、DVD《MANY RIVERS TO CROSS》と、立て続けに発表。
定評のあるアコースティックスタイルでのツアーをさらに加速させる。
  LIMITED EDITION CD 《Operetta Of Ghosts Part3》(02.13)
ALBUM 10th《種》(06.25)
DVD 《MANY RIVERS TO CROSS》(07.01)
LIVE 「Planting Seeds Tour 01~16」

2004 19本におよぶツアーファイナルを、バンドと共に成功させる。
15年間活動してきたファンクラブOFFをウェブ上に移行した、新しいオフィシャルファンコミュニティー「ONE - Oyama Takuji Network Eyes」を12/15にオープン。
紙媒体ではできなかった、ネット中継、音声や映像データの配信、ファンとの双方向のコミュニケーションなどを展開。それを記念した2本のイベントを開催。

LIVE 「Planting Seeds Tour 17~Final」「ONEスタート記念 Special One Night」他、多数のイベントに参加

2005 新しいツアー〈eyes〉をスタート。作ったばかりの新曲を次々にステージで発表。また、大分の三重高校教諭 藤澤一郎氏の依頼により“すずかけ祭”へ出演。ONEスタート1周年イベントを開催。
《Bootleg!》シリーズの発売を開始。

LIVE BEST CD-R
《Bootleg! Vol.1 with The Band》《Bootleg! Vol.2 Acoustic》
《Bootleg! Vol.3 with The Band》《Bootleg! Vol.4 Acoustic》
《Bootleg! Nagano Edition 小山卓治&鎌田ひろゆき》
《Bootleg! Vol.5 featuring SMILEY》
LIVE
「eyes 01~08」「another story of“eyes”01,02」「県立三重高校文化祭“すずかけ祭”」

2006 〈eyes〉ツアーを全国展開する中、完全アンプラグドライヴ〈Naked“eyes”〉を東京、大阪、名古屋で行い、DVDとしてリリース。《Bootleg!》シリーズもコンスタントにリリース。
新曲の音声公開や、ネット中継を展開するオフィシャルファンコミュニティー〈ONE - Oyama Takuji Network Eyes〉が2周年を迎え、イベントを開催。
12.29に、ひさびさのバンドライヴ。

DVD 《Naked“eyes”》(12.24)
LIVE BEST CD-R
《Bootleg! Special One Night》《Bootleg! Live at Kumamoto 》
《Voice 1990-2005 CD BOOK》《Bootleg! Live Best Vol.6 with The Band》
《Bootleg! Live Best Vol.7 Acoustic》《ROCKS! Demonstration Tape '93-'94》

Live 
「eyes」「Naked“eyes”」「SING TO WINTER」他、多数のイベントに参加

2007 初期のアルバムをデジタルリマスタリングして再発売するプロジェクトをスタートし《NG!》から《The Fool》までを発表。これまでリリースしてきた全曲を歌いきるライヴを東京、名古屋、大阪で慣行。
ONEのウェブマガジンは〈Vol.10~Vol.13〉を発行。

ALBUM
《NG!》《ひまわり》(11/28)
《Passing》《The Fool》(12/14)

LIVE BEST CD-R
《種 Demonstration Tape》《小山卓治 with The Conx》
《小山卓治 with DAD The Last Gig》《小山卓治 with BACCHUS》
《Songs In The Egg》《Songs In The Egg 2》

Live 
「eyes“1 to 3”」「eyes“4 to 6”」「eyes“7 to 9”」「eyes“10 to the future”」
「SING TO SPRING~SING TO AUTUMN」「Beast meets Beauty #1~#3」

2008 デビュー25周年を迎え、11thアルバム《Circle Game》、DVD+CD《Party! 25th anniversary Live》を発表。パーソナルバンドAloma Black'sを率い、新ツアー〈Circle Game〉でバンドライヴを展開。また、ゲームソフト〈428 封鎖された渋谷で〉に出演。

ALBUM
《微熱夜 12 inch Single Collection》《VANISHING POINT》(1/11)
《On The Move -Complete-》《Go To Zero -Shibuya Live Inn 1986/12/12-》(3/22)
11th《Circle Game》(6/25)

DVD
《Party! 25th anniversary Live》(7/6)
Live 
〈eyes "encore"〉〈Party! 25th anniversary Live〉〈Circle Game : Stage1~Stage 9〉〈唄旅シリーズ〉
Game
〈428 封鎖された渋谷で〉(12/4)

2009 ゲスト(バイオリン、バンドネオン、パーカッション)を迎えて行った完全アンプラグドライヴ《Naked Eyes '08》を2CD+DVDでリリース。
平均年齢27歳のパーソナルバンドAloma Black'sとのライヴ、アコースティックでのライヴを全国で展開し、デビュー以来最多の39本のライヴを行う。また、中野督夫氏、織田哲郎氏、田中一郎氏、高橋研氏らとジョイントライヴを行う。
オフィシャルファンコミュニティーONEは5周年を迎える。

ALBUM
《Naked Eyes '08》(1/31)
LIVE BEST DVD-R
〈Circle Game : Stage10〉〈Naked Eyes '09 in OSAKA〉〈Naked Eyes '09 in NAGOYA〉
Live
〈Circle Game:Stage 10~Stage 23〉〈Circle Game:for Request〉〈唄旅 名古屋,北陸編 東北編〉

2010

東名阪で開催されたリクエストライヴ(東京では全37曲)を、アコースティックライヴ決定版としてリリース。アコースティックギターとピアノだけで歌われ、リリースの順番通りに収録された。
《iNG! RED》 全19曲 + 映像8曲
《iNG! BLACK》 全19曲 + 映像8曲
「年の数だけライヴをやる」をテーマに、全国で53本のライヴを達成。初の韓国でのライヴを敢行。
オフィシャルファンコミュニティー〈ONE〉のウェブマガジン〈eyes Vol.22~25〉〈Extra! eyes〉を発行。

ALBUM
《iNG! RED》 《iNG! BLACK》
Live
〈Circle Game:Stage24~42〉〈北海道 道東ツアー〉〈唄旅 2010 - 韓国・ソウル篇〉


2011

3年間、活動を共にしたAloma Black'sとのラストライヴを開催。その模様を《Circle Game : Final Stage!!》(全22曲 + 映像11曲)としてリリース。
春からツアータイトルを〈New Days〉とし、さらに加速したツアーを展開。米子で地元バントと共演、初の沖縄ライヴなどを開催。
オフィシャルファンコミュニティー〈ONE〉は8年目を迎える。オフィシャルTwitterをスタート。

ALBUM
《Circle Game : Final Stage!!》
Live
〈New Days "001"~ "020"〉〈石垣島 那覇ライヴ〉〈Only One Night (米子)〉


2012

ギター Mercy、バイオリン 磯部舞子、ベース 天神タケシとのユニットを発展させ、ドラム 渡邊芳登を加えて、パーソナルバンド Wonder 4を結成。
長野県松本市で初ライヴ、熊本 浄国寺で初のお寺ライヴを開催。5月からライヴのサブタイトルに〈Go To 30th Anniversary〉とつける。
オフィシャルfacebookをスタート。

 

Live
〈New Days "022"~ "041"〉〈Mooney × Takuji Oyama〉〈オヤマタクジ × オーノキヨフミ〉


2013

デビュー30周年を迎え、Wonder 4と、スペシャルゲストにThe Conxを迎え〈Carnival! -Thank You!30th Anniversary-〉を開催。ライヴをCDとDVDでリリース。
鹿児島、岐阜県海津市の中嶋寺、愛知県稲沢市、長野県辰野町、静岡県藤枝市、宮城県石巻市、沖縄県西表島で初ライヴ。
阿佐ヶ谷harnessで様々なシンガーとのジョイントライヴをマンスリーで開催。

ALBUM
《Carnival Thank You!30th Anniversary》CD & DVD Live
Live
《Carnival Thank You!30th Anniversary》〈New Days "043"~ "053"〉


2014

斉藤哲夫氏と初共演。
福島県 南相馬で初ライヴ。
〈ONE〉で年に4回発行されるウェブマガジン〈eyes〉からコンテンツを抜粋したDVDの発表をスタート。
サポートメンバー磯部舞子のファーストアルバムに2人でプレイした〈談合坂パーキングエリア〉が収録される。


DVD

〈eyes 簡易版 Vol.39~41〉
LIVE

〈New Days "054"~ "070"〉



2015

1ヶ月間、香港に滞在し、そこで作った〈ハヤブサよ〉を元ARBの白浜久氏のプロデュースで発表。その後、立て続けに2枚のシングルを発表。
中川五郎氏と初共演。
サックスプレイヤー宮本美香のファーストアルバムに2人で共演した〈Blind Love〉が収録される。
三浦久氏のアルバムレコーディングに参加。


SINGLE

〈ハヤブサよ〉〈パパの叙事詩 / Kiss〉〈光が降る / ばあちゃんごめんね〉
DVD

〈eyes 簡易版 Vol.42~45〉
LIVE

〈New Days "071"~ "092"〉



2016

20年の時を経て〈美しい沈黙〉を発表。
故郷の熊本で起きた地震復興を支援する〈熊本応援ライヴ〉をスタート。
全国で展開されたライヴは、年間63本におよんだ。


SINGLE

〈美しい沈黙〉
DVD

〈eyes 簡易版 Vol.46~47〉
LIVE

〈New Days "093"~ "117"〉



2017

ソニー・レコードの「オーダーメイドファクトリー」で、ベスト・アルバムの予約者を募集したところ、わずか36時間でリリースが決定。ボーナス・トラック2曲を含めた《Well -Songs of 35 years-》をソニー・レコードから22年ぶりにリリース。
9年ぶりになるオリジナル・アルバム《はるか》をリリース。
ソニー・レコードからリリースされた10枚のアルバムすべてをダウンロード&ストリーミングで配信スタート。
60歳を記念したライヴを、パーソナル・バンドWonder 5と共に開催。
オフィシャル・ファン・コミュニティー〈ONE〉をリニューアル。
《はるか》のプロデューサー河村博司氏のレコーディングに参加。


ALBUM
《Well -Songs of 35 years-》
《はるか》
LIVE
〈New Days “118”~“126”〉〈ベストアルバム発売記念ライヴ|Well ~Songs of 35years~〉
〈New Days “FINAL” for Band Live〉〈小山卓治ワンマンライヴツアー HARUKA〉
ファン企画のライヴに参加



(C)Takuji Oyama/RIBBON Co.Ltd.,1999-2018